Web面接の通信環境は?

web面接、オンライン面接、環境、接続、ネット、インターネット、通信、繋がらない、

安定した高速接続が確保できる環境がベスト

 

Web面接での通信環境は、光回線の有線LANを引いている自宅など、安定した高速接続を維持できることが重要です。ポケットWifiなどは通信が不安定になる可能性があるのでおすすめできません。また、公共の場所やカフェなどでの公衆Wifiも接続が不安定となることがあります。

 

加入プランを確認しておく

 

自宅のインターネットを利用する場合、加入しているプランによってはビデオ通話のように容量の大きい通信を行うと速度制限がかかる場合があります。また、他の端末と併用していることで通信速度が遅くなることもあります。

 

また、利用料金の払い忘れなどでインターネット接続が突然終了していることもあります。自宅で行う場合は、事前に契約内容や料金支払いを確認しておいてください。

 

それでも接続不良が起こったら

 

「接続が悪くログインに手間どってしまった」、「面接途中で切れてしまった」といった接続不良による失敗をよく聞きます。接続不良が起こると面接官とのコミュニケーションがスムーズになりません。焦ってしまうと本来の自分自身を出すこともできなくなります。

 

ただし、接続不良は起こるかもしれないと考えておくべきです。起こった場合の対応もあらかじ確認しておきましょう。

 

すぐに復旧できた場合は、面接官に一言謝った上で面接を継続すればOKでしょう。接続不良が長引く場合は、あらかじめ企業にそのような場合の対応と連絡先を確認しておいた上で、それに従って対処します。

 

面接官も、企業側の通信に問題がある場合も含めて接続不良の発生は想定範囲内です。

トラブル発生時に冷静に的確な対応ができることを見せられれば、「災い転じて福となす」ことも可能です。