Web面接の特徴は?

web面接、online面接、就活、web面接の特徴、注意点、コミュニケーション、

Web面接は基本的には対面式の面接と同じですが、オンラインならではの特徴があります。就活生はそれらを意識しておいた方がよいでしょう。

 

話す内容がより重視される

 

対面で話す場合、人は見た目からの印象に最も大きく影響されるといわれています。つまり、対面式の面接では面接官は皆さんが話す内容よりもより表情や仕草に意識を向けているということになります。

 

一方、Web面接では画面越しとなるため表情や仕草といった視覚から入る情報が伝わりにくくなります。代わりに耳から入る情報、つまり皆さんの話しに対してより大きく影響を受けるといういうことになります。

 

面接官は皆さんの話し方や内容により意識を集中させていると認識して、元気良いはっきりとした口調で簡潔に伝えるようにする必要があります。

 

また、Web面接は録画されている可能性も考えておくべきです。あとから内容を聴き直して選考の判断にしていることも考えられます。

 

コミュニケーションがやや取りずらい

 

対面式に比べてWeb面接ではコミュニケーションが取りずらい面があります。対面式であれば、面接官は皆さんの意欲や熱意を肌で感じることができるので、それに応じてテンションを高めてくれることもあります。相乗効果で緊張感のある内容の濃い面接となります。

 

Web面接の場合は、会話のやりとりがスムーズに行かないこともありますし、表情や声が実際とは違った印象を与えることがあります。お互いに機械的で他人行儀な印象そもつことも多いです。

 

照明を考えて表情がはっきりと映るようにする、相手が聞き取りやすいようにはっきりとした声で早口にならないように注意する、といった準備が必要になります。